岩の上に生えていた地衣類

コケからきのこ

1008141
コケと言っても地衣類です。地衣類は菌類と藻類が一緒になった共同生命体のようなものらしいです。


1008142
菌類には坦子菌類や子嚢菌類、接合菌類などいくつかの種類がありますが、地衣類のほとんどは子嚢菌類が藻類と共生したものだそうです。どうりで子嚢菌のきのこみたいな子器をつくるものが多いわけです。

本来なら地衣類はきのこのブログで紹介するべきものなのですが、世間一般のイメージとしてコケ(地衣類)ときのこは結びつかないと思い、毎回コケのブログで報告しています。


1008143
さて、きのこのような子器を持つこの地衣類はなんなのでしょう?

センニンゴケ科のヒロハセンニンゴケに似ているような気がしますが、地衣体の形状と色が若干違うようです。はて? 何ゴケでしょうか。


(2010.7.20/長野県佐久穂町・白駒池)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岩につく薄緑の皮

1007041
これはイワタケでしょうか?

初めて見るものです。うっかりすると藻類が乾燥したものと勘違いしそうです。見つけたのは筑波山です。


(2010.6.28/つくば市・筑波山)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白い恋人、じゃなくて白い地衣類たち

1005261
純白とは言いませんが、清潔感あふれる? 白い地衣類たちです。

ご覧のように切り立った岩についていました。


1005262
ひとつは子器盤全体が白。名前どころか何の仲間かもわかりません。


1005263
もうひとつは子器盤の縁がちょっと黒いです。ヘリトリゴケの仲間でしょうか?


…密かに西沢渓谷シリーズは続いています。


(2010.5.9/山梨県・西沢渓谷)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひょっとして、カムリゴケ?

1005191
先日報告しましたこちらの地衣類の件です。

図鑑やネットで調べたら、とてもよく似たカムリゴケというキゴケ科の地衣類を見つけました。たぶん間違いないと思うのですが…

素人なので、断言はできません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水疱瘡になった岩

山梨・西沢渓谷の地衣類の報告はつづきます…


1005201
これはまた派手に地衣類がくっついている岩です。全面に裸子器があって、水疱瘡のようです。


1005202
一部を拡大してみました。痂状地衣類は、裸子器の形態に二つの型があるそうです。レキデア型とレカノラ型。この裸子器はどちらの型でしょう?

果托と呼ばれる裸子器の縁の部分に共生藻がある場合はレカノラ型、ない場合はレキデア型というそうです。とすると、写真の裸子器はレキデア型っぽい気がします。

なんとなくヘリトリゴケの仲間のような雰囲気ですが、断言する自信はありません。


(2010.5.9/山梨県・西沢渓谷)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒いマッチ棒が生える地衣類

1005191
山梨・西沢渓谷からの報告、今回はへんな地衣類です。

これは何でしょう? まるでマッチ棒です。

先端に黒い子器をつけた子柄がたくさん伸びています。地衣体は痂状というか粒状というか、判断に迷います。


1005192
黒い子器の長さは全体の1/2〜1/3くらいあります。自然石というか大きな岩の上に生えていました。


(2010.5.9/山梨県・西沢渓谷)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コケの地図かジグソーパズルか

1005181
山梨県・西沢渓谷からの報告はまだ続きます。今回からはコケのなかでも地衣類と呼ばれるものです。

まずはこちらの地図をご覧下さい。


1005182
もちろん地図じゃないんですが、そう見えませんか?

古代の大陸で諸国が群雄割拠しているような感じです。うっすらと色分けされているところなど、それらしい雰囲気です。


1005183
それにしても、すごい棲み分けです。よほどこの岩は条件がいいのでしょうか。きっちりと境界線が描かれているのがおもしろいです。


(2010.5.9/山梨県・西沢渓谷)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

では、みなさんカンパ〜イ

1004281
コケ(蘚類)のなかにコケ(地衣類)が生えています。何やらかわいらしいオブジェが見え隠れしているような…


1004282
小さな杯がいっぱい並んでいます。これはハナゴケ科のヒメジョウゴゴケでしょうか。たぶん、たぶん、そうではないかと思います。


(2010.4.18/笠間市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

牛乳こぼしちゃった

1004081
岩に付いていた乳白色の地衣類です。


1004082
子器盤は薄い茶色で太めの白い縁があります。本を見るとチャシブゴケ科チャシブゴケ属の地衣類が似ています。でも、岩に生える種類はレカノラ・スブインメルゲンスしか本に載っていません。この種とは子器盤の色が違うので該当しません。だとすると、イワニクイボゴケでしょうか? こちらも子器盤の様子がだいぶ違います。結局、正体は不明のまま。何と言う名前かわかりませんでした。

(2010.4.1/難台山)

| | コメント (0) | トラックバック (0)