県外のコケ

日光のスギゴケ

1107121

日光・湯滝の近くにある駐車場から小田代ヶ原を歩くときの楽しみのひとつが、コケや地衣類を見ることです。もちろん草木も見ますが、それ以外のものにもついつい目が行ってしまいます。


1107122

コケを見て、すぐに何ゴケか判断できればいいのですが、まったく何だかわからずに無意味な観察をしながら歩きます。この無駄がハイキングを数倍楽しくしてくれます。「解答は得られないけど、問題(疑問)をたくさん持ち帰った」という変な充実感です。まぁ、クイズ本を日光書店で買ってきたって感じですね。


1107123

この本の中にあった問題のひとつがスギゴケに関するもの。少なくともコスギゴケでないのはわかるのですが、解答は何スギゴケなのでしょう?


オオスギゴケでしょうか、ウマスギゴケでしょうか、スギゴケでしょうか?


素人にはスギゴケって意外にわからないものです。雰囲気的にはウマスギゴケのような気がするのですが…

(撮影:2011.6.17/日光市・小田代ヶ原)


.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

緑のひまわり

1107111

中禅寺湖のほとり、男体山が迫力ある全貌を見せてくれる場所です。千手ヶ浜だったような気がしますが、正確な地名は覚えておりません。ここから菖蒲ヶ浜に向かう山道には美しい景色の場所があります。

1107112

ここは海? と思わせるような場所です。こちらはトチノキの林がある砂浜。中禅寺湖の天然クーラーが効いていて、さわやかぁ〜


1107113

この浜の近くに転がっていた倒木に美しいコケを見ました。まるで緑のひまわり畑。やや乾燥気味ですが、ケチョウチンゴケの群落でしょうか。自信ありませんけど、ケチョウチンゴケのような気がします。

(撮影:2011.6.21/日光市・中禅寺湖のほとり)


.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エビゴケを見に行こう

1105151

先日、山梨県の西沢渓谷に行ってきました。ここはコケ天国と言うか楽園と言うか、いろいろなコケや地衣類があって楽しいところです。


昨年、ここでたくさんのエビゴケを見ました。このコケはほかの渓谷や山のなかに生えていると思います。でも、私がエビゴケという名前を知ったのは西沢渓谷に生えていたものがきっかけなので、思い出深いコケなのであります。


今年もわんさか生えているのが見られると思ったら…


1105152

おや? あまり元気がありません。


ちょうど生え変わりの時期なのでしょうか。くたびれた昨年の個体らしきものが残っています。

1105153

所々で新しいコケが成長を始めていました。次に行ったら成長の具合を確かめてきたいと思います。


図鑑によれば、エビゴケ科エビゴケ属は一種しかありません。写真のエビゴケが日本に産する唯一の種のようです。


学名は以下の通りです。


●エビゴケ/Bryoxiphium norvegicum


(撮影:2011.5.11)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コケには見えないコケ

1012081
コウヤノマンネングサというコケのようです。草という呼び名がついているくらいだからコケには見えないということでしょう。まるで針葉樹の種子から発芽したばかりの若葉に思えてしまいます。

詳しくは別のブログに書いていますので、そちらをご覧下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

樹皮の毛

1012071
ミズナラの幹に太い髭が生えています。もっとたくさん生えていたらマフラーのように見えるかもしれません。


1012072
このコケ、チャボスズゴケのような雰囲気です。詳しくは別のブログに書きましたので、そちらをご覧下さい。


(撮影:2010.10.4/栃木県日光市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

尾瀬のコケ

1008071
先日、尾瀬に行ってきました。こちらは尾瀬ケ原から見た燧ヶ岳です。


1008072
1008073
鳩待峠から山の鼻に向かう途中で見たコケです。名前はわかりません。とりあえず撮っておきました。


(2010.8.4/つくば市・筑波山)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神秘の森の素敵なコケたち

1007271
先日、長野県佐久穂町にある白駒池に行ってきました。標高2,115メートルにある池で、日本で一番高いところにある天然湖だそうです。


1007272
池に行くまでにシラビソやコメツガなどが生い茂る原生林のなかを歩いていきます。そこはコケの世界と言っていいほど、一面コケだらけです。


1007273
そんな森のなかで見かけたコケの写真を数枚撮ってきました。


1007274
まずはスギゴケの仲間。素人なので、図鑑で絵合わせをして名前を断言しちゃいます。これはセイタカスギゴケでしょう(たぶん)。


1007275
これはミズゴケの仲間に違いありません。ミズゴケと言えば湿原ですが、山のなかにも生えるものなんですね〜、知りませんでした。これはウロコミズゴケでしょう(たぶん)。なんだか火星人の行列のようにも見えます。


1007276
これは明らかに苔類でしょう(たぶん)。これはきっとツボミゴケの仲間に違いありません。ひょっとすると、イボカタウロコゴケかな?


1007277
これはチョウチンゴケの仲間でしょう。たぶんケチョウチンゴケだと思います。


(2010.7.20/長野県佐久穂町)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

コケの地図かジグソーパズルか

1005181
山梨県・西沢渓谷からの報告はまだ続きます。今回からはコケのなかでも地衣類と呼ばれるものです。

まずはこちらの地図をご覧下さい。


1005182
もちろん地図じゃないんですが、そう見えませんか?

古代の大陸で諸国が群雄割拠しているような感じです。うっすらと色分けされているところなど、それらしい雰囲気です。


1005183
それにしても、すごい棲み分けです。よほどこの岩は条件がいいのでしょうか。きっちりと境界線が描かれているのがおもしろいです。


(2010.5.9/山梨県・西沢渓谷)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鈴なりの実

1005161
西沢渓谷のコケ報告はまだ続きます。今回は蘚類らしきコケを並べます。


1005162
名も知らぬコケのさく。


1005163
さくの持ち主はこのコケです。


1005164
水がしみ出る場所にあるコケは元気があります。


1005165
さくを指で摘んでみました。


1005166
こちらもさくです。


1005167
途中から渓流を離れて山道に入りました。


1005168
こちらは鈴なりのさくです。


1005169
名も知らぬコケのさく。


10051610
近くで見ると、予想以上に美しいコケです。


10051611
渓流沿いとは違う種類が生えています。


10051612
おや、見慣れたコケです。


10051613
タマちゃんことタマゴケでした。

(2010.5.9/山梨県・西沢渓谷)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャゴケはどこにも

1005151
本日も西沢渓谷からの報告です。

今回は苔類らしきコケを並べます。


1005152
いわゆる普通のジャゴケでしょうか? どこにでもあるんですね〜


1005153
念のため葉の裏側も撮ってみました。やっぱりジャゴケ?


1005158
ミズゼニゴケ科のコケのような気がするのですが…素人判断なのであてになりません。


1005154
このYの字というか、二股に分かれたコケはいったい…


1005155
図鑑には似たようなのがいっぱいでわかりません。


1005156
(2010.5.9/山梨県・西沢渓谷)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧