アスファルトのコケ

“くびれ”はないけどヒョウタンなのかな?

1105041

砂地に現れた小さなコケの群落。さくの集まりがなんとも愛らしいです。


たぶんヒョウタンゴケではないかと思っていますが、間違っているかもしれません。


図鑑には「さくは洋梨形で、湿ると首を垂れる。裸地、とくに焚き火のあとなどに多い」とあり、砂地に生えるとは書いてありませんでした。

(2011.4.29/つくば市)


.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

杉の根元で濡れて候

Pa120183
杉の株に寄り添うコケ。こんな風景も見ていて美しいものです(そう思うのは私だけか?)。針葉樹林のなかに入ると、あまり虫はいませんし、きのこも生えていません。珍しい植物もさほど目にしないので、コケばかり探してしまいます。


Pa120184
名前については自信がありませんが、ホソバオキナゴケではないでしょうか。比較的よく目にするコケです。とくに感動を与えるようなものではありませんが、一面に生えていると、やっぱり見応えがあります。


(2008.10.12/常陸太田市・旧里美村)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

踊っているよ 何が? コケが!

う〜寒い。底冷えとまでは言いませんが、今日の日中は肌寒さを感じました。

「こんな日にコケを撮ってもな〜。しかも暗いし…」と思いつつも、カメラを片手についフラフラと外へ出てしまいました。


0803141
当然のようにコケがあります。しかし、今日は何かが違います。そう、踊っているのです。コケが。さっきまで降っていた雨が、彼らを目覚めさせたようです。


0803142
コケが踊っていると、私の胸もはずみます。ググッと近づくと声が聞こえてきそうな気がしました。


0803143
別な場所からも声が聞こえました。「お〜い、こっちも撮っておくれよ!」


0803144
「あいよ!」。二つ返事で撮ってあげました。ハイゴケの一種でしょうか、よく見かけるコケです。


0803145
これはすごい! 一気に息を吹き返したコケの大群です。


0803147
はぁ〜、なんと美しい。まとまって生えていると、迫力が違います。


0803146
ここに陽が差していれば、写真がへたっぴな私でも美しい写真が撮れそうな気がしました。そこで気づいたことがあります。コケを撮るときは雨上がりがいいということ。さらに太陽が顔を出せば、もう最高です。今度狙ってみます。


0803148
ところでこのコケは何でしょう? Uさんに聞いてみたら、スナゴケの仲間ではないかと教えてくれました。毎度毎度、お世話になります。また、教えていただけると嬉しいな。


(2008.3.14/つくば市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)