土の上に生えていたコケ

日光のスギゴケ

1107121

日光・湯滝の近くにある駐車場から小田代ヶ原を歩くときの楽しみのひとつが、コケや地衣類を見ることです。もちろん草木も見ますが、それ以外のものにもついつい目が行ってしまいます。


1107122

コケを見て、すぐに何ゴケか判断できればいいのですが、まったく何だかわからずに無意味な観察をしながら歩きます。この無駄がハイキングを数倍楽しくしてくれます。「解答は得られないけど、問題(疑問)をたくさん持ち帰った」という変な充実感です。まぁ、クイズ本を日光書店で買ってきたって感じですね。


1107123

この本の中にあった問題のひとつがスギゴケに関するもの。少なくともコスギゴケでないのはわかるのですが、解答は何スギゴケなのでしょう?


オオスギゴケでしょうか、ウマスギゴケでしょうか、スギゴケでしょうか?


素人にはスギゴケって意外にわからないものです。雰囲気的にはウマスギゴケのような気がするのですが…

(撮影:2011.6.17/日光市・小田代ヶ原)


.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いよいよ始まるコケ盆栽計画

1105221

コケの盆栽を造ってみたい…と思ったのはもう何年も前のことです。長年の思いをやっと昨日、形にすることができました。出来上がったものは見るも無残な仕上がりですが、自分的には満足しています。


今回、山で採ってきたのはコスギゴケ、コホウオウゴケ、ホソバオキナゴケだと思います。コスギゴケとコホウオウゴケは土の上に生えていました。

1105223
1105224
ホソバオキナゴケはご覧のように杉の根元に群生していました。


この根元から剥ぐわけにはいきませんよね。幸い伐採されて転がっている杉の丸太にも生えていたので、そちらを頂戴してきました。


1105222
家にガラス容器があったので、八分目くらいまで砂利を入れ、その上にコケのついた樹皮ごと載せました。金魚鉢のような雰囲気が涼しげです。


食卓の上に置いて、食事をしながら鑑賞できるようにしました。しかし、かみさんはちょっと迷惑しているような感じ。でも、ま、いいか? これといった手入れや餌代も必要ないので、こけ盆栽は安上がりな趣味ですよ〜

(撮影:2011.5.21)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神秘の森の素敵なコケたち

1007271
先日、長野県佐久穂町にある白駒池に行ってきました。標高2,115メートルにある池で、日本で一番高いところにある天然湖だそうです。


1007272
池に行くまでにシラビソやコメツガなどが生い茂る原生林のなかを歩いていきます。そこはコケの世界と言っていいほど、一面コケだらけです。


1007273
そんな森のなかで見かけたコケの写真を数枚撮ってきました。


1007274
まずはスギゴケの仲間。素人なので、図鑑で絵合わせをして名前を断言しちゃいます。これはセイタカスギゴケでしょう(たぶん)。


1007275
これはミズゴケの仲間に違いありません。ミズゴケと言えば湿原ですが、山のなかにも生えるものなんですね〜、知りませんでした。これはウロコミズゴケでしょう(たぶん)。なんだか火星人の行列のようにも見えます。


1007276
これは明らかに苔類でしょう(たぶん)。これはきっとツボミゴケの仲間に違いありません。ひょっとすると、イボカタウロコゴケかな?


1007277
これはチョウチンゴケの仲間でしょう。たぶんケチョウチンゴケだと思います。


(2010.7.20/長野県佐久穂町)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鈴なりの実

1005161
西沢渓谷のコケ報告はまだ続きます。今回は蘚類らしきコケを並べます。


1005162
名も知らぬコケのさく。


1005163
さくの持ち主はこのコケです。


1005164
水がしみ出る場所にあるコケは元気があります。


1005165
さくを指で摘んでみました。


1005166
こちらもさくです。


1005167
途中から渓流を離れて山道に入りました。


1005168
こちらは鈴なりのさくです。


1005169
名も知らぬコケのさく。


10051610
近くで見ると、予想以上に美しいコケです。


10051611
渓流沿いとは違う種類が生えています。


10051612
おや、見慣れたコケです。


10051613
タマちゃんことタマゴケでした。

(2010.5.9/山梨県・西沢渓谷)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私の住まいは木の根元

1005101
雑木林を歩いていると、木の根元によく見かけるコケです。たぶん、ホソバオキナゴケだと思います。


1005102
よく目にするのに名前を知らない。コケってそんなものかもしれません。振り返って考えてみると、コケにはそれぞれ好みの場所があるような気がします。ホソバオキナゴケに関して言えば、それがまさしく木の根元という感じです。


(2010.5.4/石岡市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秩序あるコケの暮らし

1005051
整然と並んだコケ。茎頂に雄器があるコスギゴケのオス株のようです。

秩序正しい配列は、細やかな手を加えられたお花畑を見ているようです。

(2010.4.19/石岡市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新緑は薄緑

1004291
新緑と言うと濃い緑のイメージが強いです。でも、コナラとかの新緑は白っぽい薄緑です。コケ(蘚類)で言うなら写真のものがコナラの新緑に近い気がします。

最近買ったコケの図鑑をパラパラめくっていたら、コバノチョウチンゴケの写真が目にとまりました。キャプションには「春先に鮮緑色の新芽を出す」とあります。まさにここに写っているのが新芽を展開したものではないかと思った次第であります。

コバノチョウチンゴケでしょうかね? たぶん、そうではないかと…でも自信ありません。

(2010.4.18/笠間市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハリネズミのようなタマちゃん

1004271
緑のハリネズミみたいなのが転がっています。何なんでしょ? これ。


1004272
なんと、タマちゃんことタマゴケではないですか。まんまるの「さく」がかわいいです。見方によっては目玉オヤジみたいですが…

タマちゃんは親しみやすく覚えやすいコケではあるのですが、私の場合「さく」が出ていないとタマちゃんと認識できないです。


(2010.4.18/笠間市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シノブちゃん?

1004261
密集した感じがしないので、苔庭などには向かないのがシノブゴケだそうです。コケ園芸家の方から見ると、シノブゴケってどんな評価なんでしょ?


1004262
私はシノブゴケって好きなコケの一つです。なんとも涼やかな印象を受けるのですが、他の人とは感覚がずれているかもしれません。とくに、ちょっと水分が多いととても瑞々しく見えます。あ〜、いいなぁ、この感じ。

たぶん、このコケはシノブゴケの仲間だと思うのですが、自信はありません。


(2010.4.18/笠間市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蛍光ゴケ?

1004212
小動物の尻尾のようなコケです。黄緑色がまぶしいです。なんだか蛍光塗料のような色をしています。


1004211
自ら発光しているわけではありませんが、なんとなく光っているように見えるコケですね〜


(2010.4.14/かすみがうら市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)