« 2011年5月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年7月

遠くで地衣類、近くできのこ

1107141

日光に行くといろいろな地衣類が見られるので楽しいです。


名前はわかりませんけど、見ているだけでワクワクします。


日光の小田代ヶ原にはミズナラの林があります。地衣類やコケはミズナラの樹皮が大好きなようで、たくさんの種類を見ることができます。

1107142

近くに寄るとこんな子器盤があるのがわかります。


こりゃ、明らかにきのこですね。とくにチャワンタケの仲間によく似ていると思います。


雨で濡れているせいもあり、うぐいす色っぽい独特の色を出しています。いい色です。


地衣類は菌類と藻類が共生している形態の総称ですが、主導権を握っているのはいったいどちらなのでしょう。


それぞれの地衣類の名前については、便宜上共生している菌類の種名で呼ばれるとのこと。外見上は確かに菌類の形態が現れているような気がします。


本来、地衣類はきのこのブログで紹介すべきものなのでしょうけど、一般的には「コケ」と呼ばれるものの仲間に入っているのでコケのブログで紹介している次第です。

(撮影:2011.6.17/日光市・小田代ヶ原)


.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日光のスギゴケ

1107121

日光・湯滝の近くにある駐車場から小田代ヶ原を歩くときの楽しみのひとつが、コケや地衣類を見ることです。もちろん草木も見ますが、それ以外のものにもついつい目が行ってしまいます。


1107122

コケを見て、すぐに何ゴケか判断できればいいのですが、まったく何だかわからずに無意味な観察をしながら歩きます。この無駄がハイキングを数倍楽しくしてくれます。「解答は得られないけど、問題(疑問)をたくさん持ち帰った」という変な充実感です。まぁ、クイズ本を日光書店で買ってきたって感じですね。


1107123

この本の中にあった問題のひとつがスギゴケに関するもの。少なくともコスギゴケでないのはわかるのですが、解答は何スギゴケなのでしょう?


オオスギゴケでしょうか、ウマスギゴケでしょうか、スギゴケでしょうか?


素人にはスギゴケって意外にわからないものです。雰囲気的にはウマスギゴケのような気がするのですが…

(撮影:2011.6.17/日光市・小田代ヶ原)


.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

緑のひまわり

1107111

中禅寺湖のほとり、男体山が迫力ある全貌を見せてくれる場所です。千手ヶ浜だったような気がしますが、正確な地名は覚えておりません。ここから菖蒲ヶ浜に向かう山道には美しい景色の場所があります。

1107112

ここは海? と思わせるような場所です。こちらはトチノキの林がある砂浜。中禅寺湖の天然クーラーが効いていて、さわやかぁ〜


1107113

この浜の近くに転がっていた倒木に美しいコケを見ました。まるで緑のひまわり畑。やや乾燥気味ですが、ケチョウチンゴケの群落でしょうか。自信ありませんけど、ケチョウチンゴケのような気がします。

(撮影:2011.6.21/日光市・中禅寺湖のほとり)


.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2012年1月 »