« 緑の霜 | トップページ | 水に濡れた絨毯 »

アイスクリームとコケ

110220
青空を背景にしたらとても映えるのがコケの緑。地面に生える種類だとうまくいきませんが、樹皮上に生えるものなら撮影が可能です。

このコケは樹皮の上がたいそう好きなようで、いたるところで見かけます。茨城県南部の雑木林にはいくらでも生えている種類ではないでしょうか。どちらかというとしわの多い樹皮上で見かけます。コナラやウメの樹皮上でひと塊になっていることが多いような気がします。

よく見かける種類なので、名前ぐらい覚えようと思い図鑑で探してみました。その結果、タチヒダゴケだろうと判断。

このコケを見るとあるものを思い出します。それがアイスクリーム。今はプラスチック製の容器で形が崩れないように守られている製品がほとんどですが、私が子どもの頃は違いました。薄いコーンのカップをかぶせられ、無造作に包装袋に入れられていたものです。私にとってタチヒダゴケは、子どもの頃食べた安っぽいアイスクリームの味を思い出させてくれる不思議なコケなのです。


(2011.2.13/土浦市)

|

« 緑の霜 | トップページ | 水に濡れた絨毯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1009511/38945854

この記事へのトラックバック一覧です: アイスクリームとコケ:

« 緑の霜 | トップページ | 水に濡れた絨毯 »